RE Actionの申請方法の解説

REアクション推進協会
この記事は約4分で読めます。

「再エネ100宣言 RE Action」(以下、RE Action)に加盟するには公式サイトから参加申込後、申込書の提出など様々な対応を行う必要があります。また加盟団体には再エネ率の報告義務が課せられているため、毎年再エネ比率の進捗報告を行う必要があります。

このページでは、RE Actionへの正式加盟に至るまでの対応方法、ロゴの使用方法、毎年の報告方法について解説します。

まず、RE Actionへの申し込みの流れですが、次のようになります。

  1. 「再エネ100宣言 RE Action」参加申込ページから参加を申し込み
  2. 参加申込手続き
  3. 参加費の振込

各ステップの対応方法

各ステップでの対応内容について詳述していきます。

「再エネ100宣言 RE Action」HPから参加を申し込み

まずは「再エネ100宣言 RE Action」の参加申込みページで必要情報を記入し、参加申し込みを行います。参加申し込みを行うとRE Actionの事務局であるグリーン購入ネットワーク(GPN)から申込書類等がメールされてきます。添付されてくる書類は申込書類に加え、運営方法について書かれた資料や参加団体規約などです。

参加にあたっての注意点は、原則グループ全体での参加となる点です。そのため、下記申込書への記載内容についてもグループ合算の値を記載する必要があります。

参加申込手続き

送られてきた参加申込書に必要事項を記入し、GPNに提出します。ここで注意する点は、申込書の送付とは別にロゴデータをメールすることです。RE Actionでは公式サイトで加盟団体の紹介で各団体のロゴマークも掲載しており、トップページでは自社サイトへのリンク設定も行われています。

申込書記載要領

※注意 申込書の内容は変更になることがありますので、最新版にてご確認ください。また、参加費についても同様に変更の可能性がありますので、最新情報をご確認ください。

申込書類の記載では次の点がポイントになります。先ほど記載したようにグループ全体の情報を記載していきます。

基本情報

基本情報は企業や企業グループについて記載します。従業員数や行政区分などによって会費が決まります。

全消費電力量

全消費電力量には、すべての電気料金請求書に記載されている使用電力量欄、またはそれに相当する項目の値を合計した値を記載します。「契約電力」とは異なるため注意して下さい。自家消費している電力も加算します。

再エネ電力割合

再エネ電力割合は、今後毎年の進捗報告を行っていく中でRE Actionのサイトでも公表される重要な項目です。上記の全消費電力量に対する再エネ電力量の占める割合を記載します。

アンケート:現在の主な電力購入価格帯

全消費電力量を支払い電気代金で割った値を記載します。

この項目は、自社の電力単価を把握する機会にもなります。電気料金の見直しをされていない企業はこれをきっかけに電力契約を見直す機会にすると良いでしょう。

ロゴのメール

参加申込書への記載とは別に、ロゴデータをGPNにメールします。送付漏れしやすい項目ですので、注意しましょう。

参加費の振込

申込書が事務局のGPNで確認、承認された後、参加費の請求書が各種の参考情報と併せてメールされてきます。この請求書に基づき、支払いを行うことで正式に加盟手続き完了となります。加盟すると、公式サイトで公表されるとともにRE Actionロゴも使用できるようになります。

参加費の注意事項

参加費規約の中で、年度後半(10月1日)以降に加盟した場合、初年度の会費は半額になると定められています。GPN側でもチェックした後、送付されると思いますが、加盟団体側でも請求金額に注意しましょう。

加盟に困ったなら・・・

一般社団法人REアクション推進協会では、「再エネ100宣言 RE Action」への加盟支援を行っています。加盟したいけど迷っている、書類の記載の仕方がよくわからない、そもそも再エネ100%に転換するメリットは?といった様々な質問にお答えしています。ご相談やご質問があれば下記の問い合わせフォームからご連絡下さい。

お問い合わせフォーム

ホーム再エネ100宣言 RE Action

タイトルとURLをコピーしました