TOP

新着ニュース

【212団体目】河田フェザー株式会社がRE Actionに参加
【211団体目】株式会社光陽電業社がRE Actionに参加
【210団体目】株式会社岡田電設がRE Actionに参加
【209団体目】富士凸版印刷株式会社がRE Actionに参加
【208団体目】川又電機工事株式会社がRE Actionに参加

新着記事

バーチャルPPAとは?再エネ比率を高めるバーチャルPPAの仕組み
PPA・TPOでは、自社で再エネ設備を導入しなくとも消費電力を再エネに切り替えることが可能となるため、活用する企業が増えているようです。 さらに、最近では再エネ比率を高めるために、企業にとって利便性が高く・費用対効果に優れた方法とし...
地域マイクログリッドとは?災害時こそ再エネの出番!
災害が増えているなか、注目されているのが地域マイクログリッド。都市と非都市それぞれへのメリットがあります。課題や事例とともに解説します!
カーボンプライシングとは?日本ではいつから導入?
皆さん「カーボンプライシング」をご存知ですか?実は企業にとっては事業に影響がある場合もあり、今後注目すべきトピックスです!今回の記事では具体的にどういった施策なのか、導入状況はどうなっていて日本での取り組みはどのようなものか等を簡単にご紹介いたします!
世界的な大企業Amazonの再エネ戦略とコーポレートPPA
9月初旬、世界的大企業Amazonが日本でコーポレートPPAを締結したことが話題になりました。Amazonはどんな再エネ戦略を掲げているの?そもそもコーポレートPPAって何?これらの疑問点を今回の記事では解説しています!
再エネが経済を回す!?-トラッキング付非化石証書に期待されること-
食品に産地の表記があるように、電気も「どこの、誰がつくった、どんな電気か」を証明可能だとご存知でしょうか?これを可能にしている「トラッキング」技術、非化石証書という仕組み、そして再生可能エネルギーの世界の変化を解説していきます!
【2021年度最新版】太陽光発電の優遇税制を徹底解説!
企業の売り上げアップには、経費削減だけでなく効果的な節税も一つの方法です。太陽光発電設備の導入も節税の対象となっており、環境や社会への貢献と同時に、企業価値のアップ、さらには節税による経営へのメリットも期待できるのです。具体的な内容を解説していきます!
工場で太陽光発電設備が導入される背景は?メリットや注意点、導入事例もご紹介!
工場への太陽光発電設備の導入によるメリットをご存じでしょうか。発電した電気を自社で使用する「自家消費」により、災害への備えや電気代削減という効果が期待できます!今回はその詳細を、工場に設備を設置する際の注意点も含めて解説していきます!
バイオマス発電の導入は進んでいる?現在の状況と課題とは?
再生可能エネルギーの1つであるバイオマス発電。現在日本でどれくらい導入が進んでいるかご存じですか?今回の記事では現況のみならず、なぜ太陽光ほど普及していないのかその課題についてもご紹介しています!
ZEH・ZEBとは?ビルや住宅もゼロエネルギー・脱炭素時代へ
今注目しておきたいのがZEH、ZEB!ゼロエネルギーや脱炭素などの言葉が飛び交う昨今、ビル・住宅などでの省エネや創エネで、年間のエネルギー消費を実質ゼロに抑えていくことが目指されています。今回は、注目のZEH、ZEBについて、事例も交えて徹底解説します!

タイトルとURLをコピーしました