TOP

新着ニュース

【370団体目】株式会社SANKOがRE Actionに参加
【369団体目】リコーリース株式会社がRE Actionに参加
【368団体目】株式会社アドアニモがRE Actionに参加
【367団体目】株式会社多久製作所がRE Actionに参加
【366団体目】株式会社多久製作所がRE Actionに参加

新着記事

【2023年度(令和5年度)】太陽光発電関連の補助金最新情報まとめ
令和5年度(2023年度)の太陽光発電の導入に使える補助金をまとめて紹介します。ストレージパリティ補助金や需要家主導導入補助金、ソーラーカーポート補助金、営農地・ため池・産廃処分場への新たな導入手法補助金の概要と要件、スケジュールなどを紹介します。
電気代が高くなるのはなぜ? その原因を探ってみた!
2021年から電気代が高くなる傾向が続いています。2022年7月28日には電力大手より9月からの電気料金を値上げするという発表がありました。一体どういうことになっているのでしょうか。
廃棄太陽光パネル(太陽電池モジュール)はどうなる?‐リユース・リサイクルの現状‐
太陽光パネルが次々と設置される中、パネルは将来どうなるの??と漠然とした疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。安全、そして環境への負荷をできる限り抑える方法とは?
環境価値の売買で再エネを有効活用!非化石証書・各証書の概要・メリット・デメリットを解説
再エネの調達方法の1つとなる「環境価値」って何?どんな方法で購入することができるの? 今回の記事では環境価値について、また代表的な環境価値を示す証書を簡単に解説しています!
再エネ普及に追い風?2022年省エネ改正法案とは
日本において再エネ普及のスピードは年々加速しています。ただ「法」はそのスピードに追い付けていないのが現状です。今回取り上げる省エネ法の改正法案は、その遅れを取り戻す一助になり得ます。本記事では現行の省エネ法はどんな内容で、今後どう変わる方針なのか簡単にまとめています!再エネの波に乗り遅れないようにぜひご一読下さい。
令和4年の脱炭素を取り巻く投融資の動きを解説!
脱炭素化は多様な業界・業種に影響を与えていますが、投融資の面においても脱炭素の影響を受けた動きがあることをご存じですか? 今回の記事では投融資における脱炭素の影響について、昨年のCOP26での宣言や日本の金融機関の動きから解説します!
バーチャルPPAとは?再エネ比率を高めるバーチャルPPAの仕組み
PPA・TPOでは、自社で再エネ設備を導入しなくとも消費電力を再エネに切り替えることが可能となるため、活用する企業が増えているようです。 さらに、最近では再エネ比率を高めるために、企業にとって利便性が高く・費用対効果に優れた方法とし...
地域マイクログリッドとは?災害時こそ再エネの出番!
災害が増えているなか、注目されているのが地域マイクログリッド。都市と非都市それぞれへのメリットがあります。課題や事例とともに解説します!
カーボンプライシングとは?日本ではいつから導入?
皆さん「カーボンプライシング」をご存知ですか?実は企業にとっては事業に影響がある場合もあり、今後注目すべきトピックスです!今回の記事では具体的にどういった施策なのか、導入状況はどうなっていて日本での取り組みはどのようなものか等を簡単にご紹介いたします!

サプライチェーンの脱炭素最前線・再エネ調達セミナー

タイトルとURLをコピーしました