温室効果ガス

REアクション

中小企業のCO₂削減!サプライチェーンを対象とした脱炭素化施策の重要指標「GHGプロトコル」とは?!

2015年のパリ協定にともない、科学的根拠に基づき具体的なCO₂削減目標の設定・実施を企業に求めるSBTの認定を受けることで、企業は積極的なCO₂削減に取り組んでいる証明ができます。 SBTの目標はサプライチェーン全体における排出量も対象としており、この記事ではキーワードとなるGHGプロトコルと、そこで算定対象となるサプライチェーン排出量について解説していきます。
REアクション

サプライチェーンに激震!GHG Scope3を念頭におくSBT加盟企業の環境対策

SBTイニシアティブへの加盟を計画する大手・中小企業が増えていますが、いざSBTに取り組もうとしても、なにをしたら良いのかわからない企業も多いはずです。グローバル・大手企業では今、GHG Scopeを中心にサプライチェーンを含めた環境対策を計画し、実行に移そうとしています。自社の取引先がどのような動きをしていそうか、そして自社はどのような行動を起こすか、この記事が参考になれば幸いです。
REアクション

SBTとは何か?SBTの概要を徹底解説!

CO₂排出に伴う地球温暖化、気候変動、自然環境の破壊が深刻化しています。そこで、大手企業の多くはSBTと呼ばれる国際機関に加盟しています。SDGsやREアクションなど、脱炭素社会への取り組みが企業や自治体の成長に欠かせない今、SBTとは何か気になる方も多いでしょう。 今回は、まだ国内ではあまり知られていないSBTの概要を詳しく解説していきます。
REアクション

日本の企業はどんな環境対策をしているか?!SBT取り組み事例~日本企業編

2020年9月時点で、SBTに加盟している企業は国内で102社で、認定取得を得ているのはそのうち75社です。今回は多くの日本企業の事例を紹介することにより、多くの企業が温室効果ガス排出削減対策として、また取引先の動向をチェックするときの参考として活用してもらいたいと考えています。
REアクション

一刻を争う温室効果ガスの排出量削減、日本と世界の現状は?

気候変動問題の主要なファクターは温室効果ガスの増加と言われています。各国ともに温室効果ガスを削減しようと努めています。この記事では、日本と世界の温室効果ガスの排出量の推移や対策について解説しています。


タイトルとURLをコピーしました