REアクション

【NEWS】再エネ100宣言 RE Action、静岡県内企業3社が新たに加盟【静岡県が加盟団体数全国3位に】

2020年10月1日、中小企業や自治体の再生可能エネルギー(再エネ)100%への転換を後押しする「再エネ100宣言 RE Action」(以下、RE Action)に新たに5社が加盟しました。5社同時加入ということ以外に、今回新たに加盟し...
REアクション

サプライチェーンに迫る再エネの波!AppleのSupplier Clean Energy Programと日本企業の取り組み状況

世界的な際エネの波はサプライチェーンや中小企業にも迫ろうとしています。Appleが2015年に始めたSupplier Clean Energy Programは、サプライチェーンを巻き込む大きな動きとなっており、この記事ではこのプログラムについて解説しています。
REアクション

SDGsトレイン運転開始!多くの企業や自治体が取り組むSDGsとは?

SDGsはいまや多くの企業や自治体から注目を集めています。日本橋一体を使用したフェスティバルが行われたりと、SDGsをテーマとしたイベントも増えています。今回、阪急阪神電車と東急電車がSDGsトレインの運行を開始したのに伴い、SDGsとは何か、どんな取り組みがなされているかを解説しています。
REアクション

アスクルの再生可能エネルギー導入の動きに見る、サプライチェーンと再生可能エネルギー

アスクルは2016年から再エネ導入に向けて積極的に動いています。またAppleのSupplier Clean Energy Programに代表されるサプライチェーン全体での再エネ導入促進も各所で勧められています。この記事では再エネとサプライチェーンに焦点をあて解説しています。
REアクション

再生可能エネルギーについて知っていますか?再生可能エネルギーの定義と種類を全解説!

一口に再生可能エネルギーには様々な種類があります。太陽光発電や風力発電など、認知度の高いものから潮力発電や雪氷熱など、一般的に認知されていないものもあります。この記事では再生可能エネルギーの種類について余すことなく説明しています。
REアクション

一刻を争う温室効果ガスの排出量削減、日本と世界の現状は?

気候変動問題の主要なファクターは温室効果ガスの増加と言われています。各国ともに温室効果ガスを削減しようと努めています。この記事では、日本と世界の温室効果ガスの排出量の推移や対策について解説しています。
REアクション

日本の一歩先を行く、ドイツ、カナダの再生可能エネルギー事情

欧米、特にドイツ、カナダは世界的な再エネ活用の先進国です。一方日本は石炭をはじめとする化石燃料の依存度が高く、時に世界から批判を受けています。この記事ではドイツ、カナダがなぜ際エネ先進国であるか、解説しています。
REアクション

太陽光発電の新たな取り組みと課題~再生可能エネルギーの将来

東日本大震災を契機にFIT制度が導入され、日本の再生可能エネルギーの利活用は一気に進みました。一方で、その弊害も大きくFIT制度後の制度についても明確な像を描けないままにいます。この記事では太陽光発電を中心とした日本の再エネ業界の将来性を解説しています。
REアクション

エネルギーミックス実現に向けた日本の再エネ戦略

日本のエネルギー政策は、エネルギー基本計画をもとに策定・実行されています。近年注目されている再エネ戦略なども2018年7月に閣議決定されたエネルギー基本計画の中で定められています。この記事ではエネルギー基本計画を中心に日本のエネルギー戦略をまとめています。
REアクション

日本の太陽光発電の現状~再生可能エネルギーとは

東日本大震災以降、日本の再エネを取り巻く環境は劇的に変わり、様々な制度が生まれ、変化してきました。この記事では、日本の太陽光発電や再エネの現状に焦点を当て解説しています。
REアクション

RE100とREアクション〜日本の再エネを加速させる2つのムーブメント〜

今、世界中で再生可能エネルギーに大きな注目が集まっています。世界ではRE100、日本国内ではRE Actionがこの再生可能エネルギーの普及を促す枠組みとして機能しています。この記事ではRE100とRE Actionとの違いや取り組み概要について解説しています。
タイトルとURLをコピーしました